2017天神祭奉納花火の日程詳細と穴場スポット

スポンサーリンク

天神祭は日本三大祭の1つで、
1000年以上続く伝統あるお祭りです。

そんなお祭りの花火だけに、
来場者数130万人越えの人気っぷりです。

都会の中心で行われる花火大会なので、
周りに高いビルが多くそびえ立っています。

そのため高いビルにいるからといって、
花火が見えるとは限らないんです。

そんな天神祭の花火の日程詳細と、
穴場スポットをここでは紹介します。

f:id:maanatan:20170702172834j:plain

 

天神祭奉納花火の日程

開催日 2017年7月25日(火)

開催時間 19:30~20:50

打ち上げ数 5000発

交通アクセス JR東西線の大阪天満宮駅(大阪天満宮付近)、JR環状線の天満駅(天神橋筋両店街付近)、桜ノ宮駅(船渡卸・花火)

駐車場 なし

開催場所 大阪市北区桜之宮公園グランド、川崎公園(造幣局横)の2地点


天神祭の花火のみどころは、
船の灯りと花火のコントラストにあります。

100隻の船がかかり火を灯し、
その夜空に舞う鮮やかな花火は、とても幻想的です。

中でも天神祭オリジナルの花火、
「紅梅」は見逃せません!

天神様にちなんで打ち上げられる、
梅鉢形の花火が「紅梅」です。

「紅梅」はオープニングに打ち上げられるので、
ぜひ早めにいって観覧しましょう。

 

天神祭奉納花火の穴場スポット

大川にかかる各橋の両岸が、
穴場スポットとなっています。

具体的には、
源八橋、都島橋、飛翔橋、桜宮橋、川崎橋です。

中でも川崎橋は会場から遠いため、
人混みから離れて見たい人におすすめのスポットです。

ここからでも十分に花火が見えるので、
ゆっくり楽しみたい方はこちらにどうそ!

 

天神祭奉納花火は混雑必至!

来場者130万人のお祭りなだけに、
混雑はまぬがれません!

特に花火の時間帯は、
動けないくらい混み合います。

最寄駅から混雑するので、
早めに目的地を目指さないと、
花火が始まるまでに到着できない可能性があります。

時間に余裕をもって、早めに行きましょう!