2017なにわ淀川花火大会の日程詳細!見所と穴場スポットは!?

スポンサーリンク

天神奉納花火と並んで人気のある花火が、
淀川花火大会です!

打ち上げ数は非公開なんですが、
実は関西1といわれるPL花火大会と同じ規模の、
2万発が打ちあがると言われています。

そのためカップルやファミリーなど、
総勢40万人の人が集まるんですよ。

花火を満喫したいなら、
天神より断然淀川です!

そんな淀川花火大会の、
2017年の日程詳細や見所、
そして穴場スポットをご紹介します。

f:id:maanatan:20170704161925j:plain

2017なにわ淀川花火大会の日程詳細

開催日 2017年8月5日(土)

開催時間 19:40~20:40

打ち上げ数 非公開(毎年2万発と言われています)

交通アクセス

【十三会場】
阪急電鉄十三駅もしくは南方駅、阪神電鉄姫島駅、
JR塚本駅または御幣島駅、地下鉄西中島南方駅から徒歩15分

【梅田会場】
地下鉄野田阪神駅、JR大阪駅または海老江駅、
阪神電鉄野田駅から徒歩20分。

阪神電鉄、地下鉄梅田駅から徒歩25分。

駐車場 なし
交通規制があるため、公共交通機関で行きましょう。

開催場所 淀川

 

2017なにわ淀川花火大会の見所

淀川花火の見所は、
代名詞となっている水中花火です。

水中花火は空に打ち上げずに、
水面で半円上の花火が開花します。

そのため打ち上げるより距離が近いため、
迫力満点で水面に映る花火がとっても美しいです。

もう1つ忘れてはいけないのが、
キャラクター花火です!

子供と女性から、
とても人気があるんですよ。

2016年→スマイル、カエル、ネコ

2015年→ミッキー、ドラえもん

ちなみに2014年は台風の影響で、
中止になってしまったんです。

過去には星やりんごなども、
打ち上げられました。

2017年はどんなキャラクターがあがるか、
楽しみですね。

2016年キャラクター花火

2015年キャラクター花火

 

2017なにわ淀川花火の穴場スポット

1、淀川河川公園

大阪駅周辺はとてもじゃないけど、
大混雑でゆっくり見れたものじゃありません。

そのため少し離れた場所が、おすすめです。

淀川河川公園は開催場所から遠いので、
早くに場所とりをしなくても見れるので、
おすすめのスポットになります。

最寄駅はJR野田阪神東駅、
阪神電鉄野田駅、
地下鉄千日前線野田阪神駅から徒歩20分ほどで到着します。

 

2、中津公園近くの河川敷

このあたりは屋台がでるので、
お祭り気分も味わえて花火も楽しめます。

最寄駅は阪急神戸線中津駅、
地下鉄御堂筋線の中津駅になります。

駅から徒歩10分ほどで着くので、
アクセスも便利♪

ただその分、
大阪駅周辺よりましですが人が多いです。

 

3、WTCコスモタワー

涼しい室内でみたいならこちら!

花火は小さいですが、
涼しい室内で快適に観覧できます。

淀川花火当日は例年、
通常展望室よりも上の特別第二展望台に、
先着で150名入場可能です。

その受付が18時からあるため、
早めに行くことをおすすめします。

最寄駅は地下鉄中央線コスモスクエア駅から徒歩7分、
南港ポートタウン線トレードセンター前駅から徒歩3分です。

 

淀川花火大会の水中花火を見たいなら有料観覧席で!

大阪に住んでいるなら一度は見てみたい、
淀川花火の水中花火。

でも無料で見ようと思ったら、至難の業です。

いったい何時に行ったら良い席で見れるのか、
正直わかりません。笑

なので絶対に見たい!
という人は有料観覧席がおすすめです。

絶好のスポットで、水中花火を堪能できます。

協賛観覧席の販売はこちら